Firebase Developer Day

Agenda

最初のセッション後、2つのブレイクアウトセッションとワークショプをご用意しております。お申込時に参加を希望されるセッションもしくはワークショップをご登録ください。 

12:30~13:30 受付

受付は六本木ヒルズ 森タワー LL階(2階)のエントランス付近にございます。
受付でお名刺2枚をお渡しください。

13:30~14:15 Firebase 最新情報

スピーカー:Khanh LeViet, Developer Advocate

Firebase は Google I/O 2016 での発表以来、日々進化しています。このセッションでは、最近発表された新プロダクトや改善された機能をまとめて紹介いたします。  

14:15~15:00 ブレイクアウトセッション①

Room A

Firebase でユーザーを理解しアプリの成長につなげよう  

スピーカー:Morgan Chen, Developer Program Engineer

アプリケーションを起動した後、開発者は、現実世界でのアプリの動作を観察する方法が必要です。 Firebase は、デベロッパーに実行可能でタイムリーなフィードバックを提供し、ユーザーの手の中でアプリケーションがどのように動作するかについての重要な洞察を提供する包括的なツール セットを提供します。 

 

Room B

Cloud Firestore 技術概要

スピーカー:Samir Hammoudi, Cloud Customer Engineer, Google Cloud

つい最近ベータリリースされた Firebase の新しいデータベース Cloud Firestore をご紹介します。Cloud Firestore はモバイル&ウェブアプリ向けのフルマネージド NoSQL ドキュメント データベースです。特徴としては、Firebase の Realtime Database のリアルタイムやオフライン機能と GCP の Cloud Datastore のスケラビリティとなります。本セッションでは Cloud Firestore の技術概要とデモをご紹介します。 

15:00~15:45 ブレイクアウトセッション②

Room A

Firebase A/B testing のご紹介

スピーカー

  • Laurence Moroney, Developer Advocate
  • Francesco Nerieri, Engineering Director

Firebase A / B Testing は、あなたのアプリのユーザーについての理解を、「思う」から「知っている」に移行するのに役立ちます。 これは、Firebase の残りの機能と巧妙に統合されたツールセットで、ユーザーの人数全体で測定されたテストを実行して、コンテンツを最良の方法で配信する方法を見つけることができます。 このセッションでは、Laurence が Firebase A / B Testing を行い、それがどのように動作するのかと、Remote Config、Firebase Cloud Messaging を含むコードの書き方を説明します。 

 

Room B

Cloud Functions で高品質なコードを書くための作法       

スピーカー

  • Lauren Long, Software Engineer
  • Joey Yang, UX Engineer

いくつかのアプリはバックエンドを必要とするでしょう。Cloud Functions はイベントに応じて実行する処理であり、トラフィックによって自動的にスケールします。残念なことに、Cloud Functions はあなたの代わりにコードを自動的に書くことは(まだ)できませんので、品質の高いコードの書き方を一緒に学びましょう。TypeScript を使ったり、ユニットテストを書いたり、エミュレータを使用してローカルでデバッグしましょう。ベストプラクティスを考慮した開発プロセスを使い、本番環境へデプロイする前にできるだけ不具合を対処しましょう。 

15:45~16:30 ブレイクアウトセッション③

Room A

FirebaseとAdMob

スピーカー:Laurence Moroney, Developer Advocate

このセッションでは、Google の Laurence Moroney がモバイル アプリケーションで使用できる異なる種類の広告を紹介し、それぞれがどのように動作するかを説明します。さらに、コード例を使用して、リワード動画、インタースティシャル広告の他、時間のゆるす限りさまざまな広告の使用方法を学んでいただけます。

Room B

Firebase 活用のライトニングトーク

スピーカー

  • Shinya Yamaoka, ヤフー株式会社 Software Engineer
  • Sota Sugiura, 株式会社メルカリ Software Engineer
  • Takeshi Eto, 株式会社LIFULL Software Engineer
  • Norikazu Muramoto, クックパッド株式会社 Development Manager

 Firebase をすでに導入している日本のデベロッパー様をお招きし、Firebase の導入によるインパクトについて実例を交えながらお話いただきます。  

16:30~17:15 ブレイクアウトセッション④ & ワークショップ

Room A

Firebase Predictions で実現する最先端のアプリ運営

スピーカー:Kyohei Mizutani, Mobile Solutions Consultant

ユーザーの中でこれからアプリを使わなくなるのは誰なのか、課金してくれるのは ... そんなことが事前にわかったら、素晴らしいと思いませんか? 最新機能の Firebase Predictions は、機械学習を用いて将来特定の行動をする可能性が高いユーザーを予測する機能です。 本セッションでは、Predictions の予測データを利用することで、ワンランク上のアプリ運営を実現する方法を紹介します。

 

Room B

Firestore ハンズオン ワークショップ
※このセッションは16:30から18:00まで行います。  

スピーカー

  • Khanh LeViet, Developer Advocate
  • Samir Hammoudi, Cloud Customer Engineer, Google Cloud
  • Morgan Chen, Developer Program Engineer

Firebase の新しいデータベースである Firestore を実践でより深く知るために、iOS、Android、Web の3つのコードラボを同時に実施いたします。

17:15~18:00 ブレイクアウトセッション⑤ & ワークショップ

Room A

Google Analytics for Firebase を使った Growth Hack

スピーカー

  • Yuki Yoshino, Data Architect
  • Hayato Hoshikwa, THECOO株式会社 執行役員
  • Hayasaki Kenichi, 株式会社LIFULL マーケター

昨今、アプリ内分析が進歩していく中、Google Analytics for Firebase を活用してどのように新規のユーザー獲得、エンゲージメント強化を進めていくのかを実際の活用ケースなどを交えながらご紹介いたします。特に AdWords を活用したプロモーション事例や Firebase の他の製品とコラボレーションした利活用方法など、マーケターよりの実践的なコンテンツとなっています。 

Room B

Firestore ハンズオン ワークショップ
※このセッションは16:30から18:00まで行います。  

スピーカー

  • Khanh LeViet, Developer Advocate
  • Samir Hammoudi, Cloud Customer Engineer, Google Cloud
  • Morgan Chen, Developer Program Engineer

Firebase の新しいデータベースである Firestore を実践でより深く知るために、iOS、Android、Web の3つのコードラボを同時に実施いたします。

18:00〜19:30 懇親会

会場: Luxe Bar 27F

Google 社員やご参加者との交流を深める機会として、ぜひご参加ください。軽食とお飲物をご用意しております。