プログラム概要

本プログラムは TensorFlow デベロッパー認定資格の取得を目指す開発者の皆さんが、オンライン上で試験に必要な勉強を行ったり、意見交換をすることで、資格取得に向けて一緒に受験勉強を進めるものです。

Google はTensorFlow User Group の協力の下、受験者がチューターに質問できるコミュニケーション チャンネルを用意し、受験したい方を応援します。

コミュニケーションチャンネルや受験勉強のためのイベントの案内は本プログラムに登録した方にご案内します。

TensorFlow デベロッパー認定資格に興味がある方はぜひご登録ください。

TensorFlow Developer Certificate

登録方法

本ページ上部にある「参加申し込み」ボタンからお申し込みください。

TensorFlow デベロッパー認定資格とは

TensorFlow を使ったモデルの構築と訓練を通じて、機械学習に関する実用的なスキルをアピールしたいと考えている、学生、デベロッパー、データ サイエンティストを対象とした、基本的な認定資格です。

認定資格はオンラインの試験を受験し、合格することで取得できます。
合格した方にはデジタルの資格認定証が届きます。また、GitHub、ソーシャル メディア プラットフォーム(LinkedIn など)に認定証とバッジを掲載して、TensorFlow の高度な専門知識を世界に向けて発信することもできます。

詳しくは TensorFlow デベロッパー認定資格の特設ページ(日本語)でご確認ください。

ML Study Jams “Road to TF Certificate 2020” 紹介イベント


TensorFlow のユーザーコミュニティである TensorFlow User Group が主催するイベントが 8 月 5 日(水)にオンラインで開催されます。

このイベントでは Google の TensorFlow Developer Advocate である  Khanh LeViet が認定資格についてご紹介する他、すでに認定資格を取得したデベロッパーによる体験談などを伺うことができます。

また、ML Study Jams 事務局による本プログラムのご案内も行います。

リアルタイムで視聴出来ない方もイベントに登録することでアーカイブ映像をご覧いただけます。

開催概要